弊社研究者2名が Udacity 自動運転コースのナノ学位を取得

弊社の技術者2名が、Udacity 自動運転エンジニア ナノ学位コース(Self Driving Car Engineer Nanodegree)を修了し、ナノ学位認定されました。Udacityは、世界の専門家からオンラインで先端技術を短期間で習得できる新しい形の大学です。提供される各プログラムは、全ての課題をクリアすると「ナノ学位」が取得できます。今回受講したプログラム「Self Driving Car Engineer Nanodegree」は元Google XでUdacity創業者の Sebastian Thrun氏 と Udacity の Self-Driving Car Team にて作られたプログラムであり、メルセデス社、NVIDIA社などの自動運転に企業するもプログラムを支援しています。リルズは、本プログラムを活用し先進的な自動運転の基礎技術を短期間で習得することで、要素技術の他分野への応用や、自動車以外のIoT機器への自動運転技術活用などを目指してまいります。

ナノ学位取得者:

  • リード機械学習エンジニア Jakub Kolodziejczyk(クバ) 2017年11月3日 取得
  • 機械学習エンジニア 西銘大喜 2018年1月9日 取得

習得技術

  • Deep learningを活用した車線認識、車体認識、交通標識
  • Naive bayes を活用した行動予測
  • Particle filtersを活用したlocalization
  • Fully convolutional networksを活用した道路のセグメンテーション
  • Minimal jerk trajectoriesとmodel predictive controlを活用したtrajectory生成
  • Unscented Kalman filtersを活用したsensor fusion
  • Modified A-star algorithmを活用した経路計画
  • Robotic Operating System (ROS)