報道関係者各位
プレスリリース
2022年 03月23日

遠隔IoT・AI点検のLiLz、レベル型・フロート型のアナログメーター読み取りAIをβリリース

上下水プラント、産業ガス、化学プラントなど、あらゆる分野において広がる導入範囲

IoT・AI遠隔点検サービス提供のLiLz株式会社(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社⻑:⼤⻄ 敬吾、以下「LiLz」)は、新たにレベル型・フロート型というアナログメーター読み取りAI(以下、AI)をβリリースしたことをお知らせします。LiLz Gaugeが提供するAIはこれで6種類となりました。今回のリリースで、液面計や油面計、流量計などに多く見られる表示方式であるレベル型・フロート型に対応し、あらゆる分野の点検の業務効率化により一層貢献いたします。

上下水プラント、産業ガス、化学プラントなど私たちの日常を支える様々な施設は、維持管理のために目視の巡回点検が必要になります。LiLzが提供するIoT・AI遠隔点検サービス「LiLz Gauge」は、目視の巡回点検における業務の大半であるアナログメーターの読み取り業務をリモート化・効率化することができます。これまで、円型・矩形型・ナナセグ型・カウンタ型という4つの形状の対応したAIをリリースしていましたが、施設に設置されている各産業機器のアナログメーターの種類は非常に多く、特に液体やガスを扱う施設などにおいては棒型形状となっているレベル型・フロート型が良く見受けられます。
今回のリリースにあたり、上下水道・産業機器向けプラントメーカーである月島機械株式会社様および、上下水道施設の運営/維持管理補修工事を行なっている月島テクノメンテサービス株式会社様にご協力いただき、実際に現場に設置されている液面レベル計・油面計・流量計・計装盤レベル計などを活用して当社AIの先行検証を実施させていただきました。

 


今回リリースしたレベル型・フロート型のAIは、LiLz Gauge Starter Kitでお手軽に検証いただくことができ、オンボーディングでサポートいたします


Starter Kit
https://lilz.jp/lilzgauge/starterkit

◼️月島機械株式会社 開発本部 研究開発部 研究開発グループ 山本様のコメント

上下水道プラント施設では、多くの機器センサーの値(流量/圧力/温度など)について監視/点検を行っています。 LiLzGaugeを活用する中で、「油量計、面積式流量計、タンクレベル計」などが自動読取出来ると、更に現場点検の効率化・非常時の遠隔判断などが可能になるため、検証協力させて頂きました。 今後は、今回リリースされたレベル計・フロート計を含め弊社グループが建設/運営/維持管理する上下水道施設の中で活用性を高め、「中長期的な視点も含めた点検・補修業務の最適化」、「人の仕事を代替する新しい技術の活用」を進め、現場業務の更なるスマート化に取り組みたいと考えています。 

 

■ LiLz Gaugeについて

LiLz Gaugeは、電源が無いあらゆる場所の目視巡回点検をリモート化します。1⽇3回撮影で約3年と⻑期稼働する低消費電力IoTカメラとクラウド側の機械学習・画像処理によってアナログ計器の値を⾃動で読み取るため、現場に⾏くことなく点検対象の情報を効率的に取得します。カメラを設置した当⽇から目視点検の省⼒化をスタートできます。

■月島機械株式会社について


社名:月島機械株式会社
本社:〒104-0053 東京都中央区晴海三丁目 5 番 1 号
代表:福沢 義之
URL:https://www.tsk-g.co.jp/
環境保全プラント大手のメーカー兼エンジニアリング会社です。日常生活に無くてはならないインフラ設備を 整え、世界的な流れである地球温暖化防止のために、環境技術で世界に貢献しております。  

■月島テクノメンテサービス株式会社について

社名:月島テクノメンテサービス株式会社

本社:〒135-0031 東京都江東区佐賀一丁目 3 番 7 号 月島機械 永代ビル
代表:伊藤 道夫
URL:http://www.t-tms.co.jp/
生活に不可欠な上下水道インフラを通して、人々の生活基盤と環境保全に大きく貢献する設備維持管理のパイオニアです。上下水道施設の運転・維持管理から、プラントの補修・設備工事まで、「水のライフサイクル」に関わる一貫した総合サービスを全国で展開しています。

 

■会社情報
会社名 LiLz株式会社
所在地 沖縄県宜野湾市我如古2-3-7 2F
設⽴ 2017年7⽉28⽇
代表者 ⼤⻄ 敬吾
資本金 262,413,400円  資本準備金含む
事業概要 AIおよびIoT技術を活⽤したサービス提供、研究開発等
https://lilz.jp/